jumbo
menu

インプラント

永久歯を失った場合の治療方法として、昔から「入れ歯+ブリッジ」という方法がありますが、入れ歯では「かみ合わせが上手くいかない」「しゃべりにくい」 「物が詰まったり、取り外しが面倒」「他の歯に負担がかかる」等のストレスを伴う治療方法でした。そこで新しく生まれた治療法としてインプラントがあります。 インプラント治療とは、失ってしまった、ご自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製してかみ合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、 自分の歯のように噛める事で、「歯を失う前の生活を取り戻せた」「固い物を噛めるようになった」等の喜びの声を頂いております。

01
インプラント

ヘルシー&エステティックな志向が高まり、歯の美容にも関心が高くなっています。失った歯は、機能的な面だけでなく審美的にも早く回復しなければなりません。歯を失い入れ歯をご経験の方でもっと自然に会話や食事が楽しめ、見た目も天然の歯に近い歯がないかとお考えの方もいらっしゃるかと思います。そんな方にご案内したいのが、インプラント治療です。
インプラントは第二の永久歯とも言われ、入れ歯にかわる新しい歯と研究され、現在世界中の多くの方にご満足をいただいている治療法です。

● 特徴

自分の歯に近い感覚で、好きな物が何でも食べられるようになります。
口元を気にせず、笑顔に自信がもてます。
義歯がずれたり、外れたりする心配がなく、気兼ねなくお話したり笑ったりできます。
入れ歯によって味覚障害がある方は、インプラント治療によって味覚を改善できることが期待されます。