インプラント

永久歯を失った場合の治療方法として、昔から入れ歯やブリッジという方法がありますが、入れ歯では「噛み合わせが上手くいかない」「しゃべりにくい」 「物が詰まったり、取り外しが面倒」「他の歯に負担がかかる」等のストレスを伴う治療方法でした。そこで新しく生まれた治療法としてインプラントがあります。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、失ってしまったご自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

固定性であるためガタついたりせず、ご自分の歯のように噛める事で「歯を失う前の生活を取り戻せた」「固い物を噛めるようになった」等の喜びのお声を頂いております。また、従来の治療法とは異なり、健康な周りの歯も傷つけることなく治療することができます。

治療の流れ

  1. カウンセリング・検査・治療の説明

    ご予約いただきまずはカウンセリングから行わせていただきます。
    その後、現状のお口の状態を確認するため、歯の模型を取ったり、骨の状態を確認するなどの検査を行い、治療方針を患者さまと一緒に考えていきます。

  2. 初期治療

    実際のインプラント治療の前に、虫歯や歯周病の治療や歯石などを取ったりし、お口の中を治療に適した状態にします。

  3. インプラント埋入処置(手術1回目)

    人工歯を支えるチタン製のインプラント体を歯茎の奥にある歯槽骨に埋め込む手術を行います。

  4. 抜糸

    1回目の手術で縫い合わせた歯茎の抜糸を行います。

  5. 待機期間

    骨とインプラント体がしっかりと結合するまで経過観察します。(3ヶ月〜6ヶ月)

  6. 歯茎の処置

    骨とインプラント体がしっかりと結合したら今度は見た目などの歯茎の調整を行います。

  7. アバットメント取付処置(手術2回目)

    再度、歯茎を切開し、アバットメントと呼ばれるインプラント体と人工歯を繋ぐ土台を装着する手術を行います。

  8. 人工歯の型取り

    アバットメントに取り付ける人工歯を製作するために型取りを行います。

  9. 人工歯の装着(完成)

    型取りをした人工歯をアバットメントに取り付け完成です。

定期メンテナンスについて

インプラントは完了してからのメンテナンス・ケアが大切です。当クリニックでは、インプラント完了しますと、専属の担当スタッフがメンテナンス・ケアのサポートをいたします。
些細なことでもお気軽にご相談ください。

インプラント治療の各ケース

歯を1本失った場合

インプラント

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット

  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、
    機能と見栄えを維持することができます。
  • 天然歯に近い見栄えです。
  • 健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
  • あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット

  • 健康保険が適用されない治療となります。
  • 簡単な手術が必要です。

両隣の歯を削って、ブリッジを使用します。

メリット

  • 短い治療期間となります。

デメリット

  • 両隣の健康な歯を削る必要があります。
  • 削られた歯への負担が増加します。
  • 歯を失った部分の骨がやせていきます。

歯を数本失った場合

インプラント

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

メリット

  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、
    機能と見栄えを維持することができます。
  • 天然歯に近い見栄えです。
  • あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • 入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット

  • 健康保険が適用されない治療となります。
  • 簡単な手術が必要です。

金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

メリット

  • 短い治療期間となります。

デメリット

  • バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
  • バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
  • 違和感を感じることがあります。
  • 歯を失った部分の骨がやせていきます。

歯を全て失った場合

インプラント

インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

メリット

  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、
    機能と見栄えを維持することができます。
  • 天然歯に近い見栄えです。
  • あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • 入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット

  • 健康保険が適用されない治療となります。
  • やや複雑な手術が必要です。

歯茎全体にかぶせ、上あごの場合は口蓋も覆います。

メリット

  • 短い治療期間となります。

デメリット

  • 入れ歯の安定感が悪いとずれやすくなります。
  • 硬いものを噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、
    痛みを感じることがあります。
  • 味覚に影響する場合があります。
  • 入れ歯と歯茎の間に食べたものがはさまる場合があります。
  • あご全体の骨がやせることがあります。

このような方におすすめです

  • ・長期間、見栄えと機能を維持したい
  • ・自分の歯のような自然な見た目がいい
  • ・健康な歯を削りたくない
  • ・しっかりと噛んで、笑いたい

デンタルケアが必要なわけ

患者様の声